光の言泉 香怜(Karen)ゆるゆるブログ

大阪・泉州にて、天からいただいた《宇宙の大いなる存在からの愛と光をお伝えする》というご使命を全うすべく活動しております。日々気づいたこと、楽しいこと、なんでもあり。ゆるゆるといきましょう。

神様や仏様のご加護とは?

先日、お世話になっているお坊様とのお勉強会でのお話を、またシェアしたいと思います。

 

みなさんが神様や仏様に手を合わせるときはどんな時でしょうか。

そういえばもうすぐクリスマスだし、年が明ければ初詣だし、そんな日には『ステキな人と会えますように』だとか『今年もいい一年を過ごせますように』だとか願いながらお詣りされてると思います。

では、そのあと病気になったり事故にあったり、良くないことが起こったとき、こんな風に思ったことはないでしょうか?↓↓↓

 

『お詣りしたのに???』

 

私たち人間は肉体という【物質】をもって、この三次元の地球に生きています。

電化製品でも何でも【物質】というものは、古くなれば調子が悪くなったり壊れたりしますよね。

人間の肉体も同じです。

ただ人間には心というものも持ち合わせて生きています。

辛い時、病気になってしまったとき、その心をどこにもっていくか、そこにつきます。

お詣りをしたからこれだけで済んだと思えるのか、お詣りしなかったからこんな事になったと思うのか…。

 

もうお分かりかと思います。神様や仏様がいらっしゃるのは自分の心の中です。

起こる出来事に善悪の性質はなく、決めるのはその人の価値です。

先ほどの『お詣りをしたからこれだけで済んだ』と思えたならば、それは御加護があったということです。

 

神様や仏様は眼には見えない、、、だから人によって『いる!』と思えば居るし、『いない!!』と思えばいないんです。

要はその見えない存在を信じるか否か、なおかつ幸せかどうか。

神様や仏様を信じる力は育てていくもので、御加護は、信じた上で初めて感じることのできる体験だと思います。

 

ご自身に馴染みのある神様や仏様を、お側で感じてみて下さい。

神様・仏様は、万人に平等に光をあてて下さっています。

その光を大きな器で受け取るのか、小さな器で受け取るのか、、、。

 

信じる力は育てていくものです。そうすることで【御加護】もいただけます。

         光の言泉 香怜