光の言泉 香怜(Karen)ゆるゆるブログ

大阪・泉州にて、天からいただいた《宇宙の大いなる存在からの愛と光をお伝えする》というご使命を全うすべく活動しております。日々気づいたこと、楽しいこと、なんでもあり。ゆるゆるといきましょう。

いきなりの記事訂正です(╥_╥`)

申し訳ございません!!

 

先の記事【2018年のぱいんはうすさんを占ってみた】で、宿曜占星術での新年は2月6日からとしていましたが、正しくは

2018年2月16日からです!

 

1月31日2に皆既月食があるのに、建った6日間でお月様が欠けることないのに、、、

 

誠に申し訳ございませんm(_ _)m

明けましておめでとうございます

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1015325135273200&id=521364151335970

思いつき企画【オラクルカードリーディング】

クリスマスはどのように過ごされましたか?

2017年もあと数日となりました。

今回またまた思いつき企画です。

 

オラクルカードを使って、みなさんの2018年はどうなるのか、みなさんそれぞれのお側で見守って下さる存在からメッセージを受け取り、お伝えしていきます。
f:id:karen444:20171226172814j:image

来年一年のひと月ごとに対してのメッセージです。

 

その存在は、みなさんが生まれてから亡くなるまでをずっと見守り、導いて下さっています。

彼らからのメッセージには、たっくさんの愛情と光にあふれています。

 

今回お代金はいただきません。

先着5名様とさせていただきます。

ご希望の方は、香怜のTwitterのDMに直接ご連絡下さい。

 

みなさんの来年一年が、幸せいっぱい、喜びいっぱいとなりますように(*^^*)

 

神様や仏様のご加護とは?

先日、お世話になっているお坊様とのお勉強会でのお話を、またシェアしたいと思います。

 

みなさんが神様や仏様に手を合わせるときはどんな時でしょうか。

そういえばもうすぐクリスマスだし、年が明ければ初詣だし、そんな日には『ステキな人と会えますように』だとか『今年もいい一年を過ごせますように』だとか願いながらお詣りされてると思います。

では、そのあと病気になったり事故にあったり、良くないことが起こったとき、こんな風に思ったことはないでしょうか?↓↓↓

 

『お詣りしたのに???』

 

私たち人間は肉体という【物質】をもって、この三次元の地球に生きています。

電化製品でも何でも【物質】というものは、古くなれば調子が悪くなったり壊れたりしますよね。

人間の肉体も同じです。

ただ人間には心というものも持ち合わせて生きています。

辛い時、病気になってしまったとき、その心をどこにもっていくか、そこにつきます。

お詣りをしたからこれだけで済んだと思えるのか、お詣りしなかったからこんな事になったと思うのか…。

 

もうお分かりかと思います。神様や仏様がいらっしゃるのは自分の心の中です。

起こる出来事に善悪の性質はなく、決めるのはその人の価値です。

先ほどの『お詣りをしたからこれだけで済んだ』と思えたならば、それは御加護があったということです。

 

神様や仏様は眼には見えない、、、だから人によって『いる!』と思えば居るし、『いない!!』と思えばいないんです。

要はその見えない存在を信じるか否か、なおかつ幸せかどうか。

神様や仏様を信じる力は育てていくもので、御加護は、信じた上で初めて感じることのできる体験だと思います。

 

ご自身に馴染みのある神様や仏様を、お側で感じてみて下さい。

神様・仏様は、万人に平等に光をあてて下さっています。

その光を大きな器で受け取るのか、小さな器で受け取るのか、、、。

 

信じる力は育てていくものです。そうすることで【御加護】もいただけます。

         光の言泉 香怜

 

 

 

2018年の【ぱいんはうす】さんを占ってみる③

やっとやっといい運勢の月が巡ってきますよ!

5月15日からは【親】の月。対人関係が円滑になり、開放感に包まれて夢や希望が膨らむ時です。これまで苦手だと思っていた人にも積極的に話かけたりできそうです。またそうすることで関係が良くなり、幸運もやってきます!本音で話すことを心がけて、これまでのわだかまりは解き放ちましょう。飲み会なんかは積極的に参加するといいですよ。仲間との語らいはツキを呼びます。

6月14日からは【栄】の月。繁栄の栄です。運気最高の月で、プライベートでもオフィシャルでも、全てにおいてチャンス目白押し。新しいことを始めるのに最適。これまで我慢してきたことや、閃いたことをドンドン進めて、果敢に行動していきましょう。

7月13日から8月10日までは【安】です。年運も【安】なので、5月からのお二人の行動がお金となって還ってきそうですよ。

仕事関係のキーとなる人物との繋がりを、ここでもう一度しっかりと築き直しましょう。

仕事に対する投資やスキルアップも順調にいきます。創作活動もいいですよ。

 

さて8月以降ですが、お二人の宿(角宿と虚宿)は本当に波瀾万丈というか、また年末と同様のターニングポイントが巡ってきたり、壊や衰などの月運となる運勢を持っています。

ラッキーマンスリーが非常に少なく、いつもいつも修行のようでしんどいと感じることが多いんですが、この修行のような期間こそご自身を高めるチャンスなんです。

【業・胎】という関係性のお二人のエネルギーは他の組合せと違い、正でも負でも二乗三乗、それ以上のエネルギーとなります。

 

ここに書いたチャンスは、ご自身の行動が呼んでくるものです。勝手にやってはきません。目標をしっかりと定め、高みを目指し進んでいって欲しいと思い、今回鑑定させていただきました。

この記事を読んで下さった方も、同じように高みを目指し共に進んでいきましょう!

 

長々とありがとうございました。

ご縁に感謝します。    

         光の言泉 香怜

2018年の【ぱいんはうす】さんを占ってみる②

宿曜占星術での新年は2018年2月16日から始まります。

お二人にとって新年は【安】の年となり、安定、定着、安住などがキーワードとなります。金運もあがります。

ここからは年末に熟考したことを行動に移していくときです。

 

が!!!このお二人は他の宿(宿曜占星術でいう星座のようなものです)と違って、しょっぱなは【衰】という月運なので、なかなかことがすすまない可能性があります。

とはいえ、何もしないのは得策ではないので、まずはお二人自身、自分に優しくすること。高すぎるハードルから飛んでいく必要はありません。体力・気力を温存しながら、様子を見て進めていきましょう。無理な争いはしないこと。足固めをしっかりしていきましょう。地に足をしっかりと付け、一歩ずつ進むことです。

3月17日からは【危】の月となります。仕事運に関してのみ吉の運勢です。脚光を浴びるような出来事があったり、やりたかった仕事が急に巡ってくるかもしれません。が、危という字が示すとおり、注意したほうがいい月です。2人で進むべき道についてしっかりと考えを合致させておくこと。ここを押さえておけば、周囲からの雑音に振り回されることなく進んでいけます。

4月16日からは【壊】の月となります。確かに破壊や破滅などを表しますが、全ての物事には正と負があり、縁を切ろうと思っても出来なかった人間関係や、どうしても手放せなかったことを切り離すには、この時期チャンスとなります。キーワードは【破壊と再生】。

2月以降進めていることで『これは違うなぁ』と感じたことなどはリセットしましょう。ここは修練の期間だと思って下さい。

5月から正念場です。お二人にとってラッキーマンスリーが続きますよ!

 

2018年のぱいんはうすさんを占ってみる③へ続く

 

2018年の【ぱいんはうす】さんを占ってみる

遊び倒している間に、気が付いたらもう今年もあと二週間ほどになっていました、香怜です。

6月から自分のやりたいこと、行きたい所、行動し続けていました。楽しかったぁ、、、

ただいまドはまり中の若手芸人さん【ぱいんはうす】さんを通じ、ぱいんはうすさんはもちろん、ファン仲間と交流を持つこともできて、心より嬉しく思います。

 

さてさて昨年は【ぱいんはうす】さんお二人の相性や、想像だけど彼らがここまで歩んで来たであろう道が、仏様のお導きであり必然であったことを占いの観点からみました。

今回は2018年の彼らがどうなるのかを観ていきたいと思います。

香怜の使う占術は【宿曜占星術】といい、お月様の流れを使います。旧暦を使うので今の暦に置き換えていきますね。

この宿曜占星術では2018年2月5日までは今の年になります。

 

お二人は【業・胎】という関係性で、分かりやすくいうと【ソウルメイト】とよばれる関係になります。運命的な相性です。

これは運勢もほぼ同じものをもって回っていきます。

彼らにとって12月18日から1月16日までは【友】の月運です。友の字が示す通り、仲間とのコミュニケーションが運気を上げるポイントとなります。

仲間が仲間を呼び、自分では気づかなかった才能を確認できたり、新たな人脈の拡大でもっともっと大きなチャンスがやってくる月運です。

これから忘年会シーズン突入だし、時間の許す限り、参加されるといいですね。

 

来年1月17日から2月5日までが2017年最後の月だと思って下さい。

この1ヶ月間はお二人にとってターニングポイントとなります。

 

ロペスこと岸さんは、この月、過去に関することのターニングポイントとなります。ここには所謂【前世】も含まれるんですが、それは置いといて、岸英明として生きてきた中での過去でやり残したことややり遂げられなかったことが浮き彫りになります。ということは、ここがリベンジできる時期。

当時は乗り越えられなかったことも、それ以降の経験で楽にクリアできる可能性があり、将来の飛躍に繋がります。

仏様はその人にできない課題は与えません。というより、自分自身がそれをクリアしていくと決意して生まれてくるので、必ずできるということです。

義務や約束事を優先し、大きな課題に取り組んでも多少の無理がきくので、やり遂げる努力をすることです。

 

山口さんは、【今世】のターニングポイントとなります。現状の見直しを最優先に。見直しした結果、新たなやり方を見つけても、今すぐ動かないこと。よくよく熟考することです。周りの意見を聞き独断でことを進めない。また選択を迫られても即結論は出さないこと。というのは、山口さんにとってこの月は、ご自身がこの世に生まれてきた日と同じ運勢なので、すべてここから始まるからです。人間は生まれてくる時、仏様との間で人生設計をしてきます。ただし生まれた瞬間にその約束は忘れるよう消去されるので、記憶はないんですけどね(^^;)

まず、しっかりとした目的意識を持つこと。芸人さんとしてどう進んでいきたいのかを具体的にしていくこと。今まで通りに進むのか、違うことにチャレンジしていくのか?敢えて軌道修正するのも得策です。ただし先にも書いたように熟考することです。行動に移すのは2月6日以降です。

 

2018年のぱいんはうすさんを占ってみる②に続く