読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光の言泉 香怜(Karen)ゆるゆるブログ

大阪・泉州にて、天からいただいた《宇宙の大いなる存在からの愛と光をお伝えする》というご使命を全うすべく活動しております。日々気づいたこと、楽しいこと、なんでもあり。ゆるゆるといきましょう。

ぱいんはうすさんを占ってみた②

①から続きます。

この宿曜占星術には人間関係のタイプが11あり、これを6つのペアにし、相性なんかを観ていきます。

岸さんの【角宿】と山口さんの【虚宿】は《業・胎》というものに当たります。なんじゃそれ?なんですが、皆さん『ソウルメイト』ってお聞きになったことはありませんか?人間の魂は宇宙へからやってきますが、その出身地が一緒だということです。いわゆる過去世でも一緒に何かをしていたはずで、そしてまた今世でも何かを成し遂げる為にコンビを組まれたんでしょう。
どちらからお声をかけて今に至るのかはわからないですが、27もある宿でこの関係性はめずらしく、また人生でのターニングポイントで出会う場合が多いんです。結婚だったりね。
で、この関係性はお互いが会うことで果たすべき役割があります。人生がガラッと変わるような影響を与えられたり、その人生において重要な人や場所へと繋いでくれるキーパーソンとなります。
お互いが無償の精神で協力しあえる関係です。
これねー、本当にすごい関係なんです!!
角宿と虚宿とあと一つの宿は27宿のうち【つかみ所のイマイチわからないヘンな人】(因みに私がそのもう一つです^^;)なんです。というのも生まれた時のお月様の位置が二つの異なる星座をまたいでいるので、性格に二面性があります。持つエネルギーもかなり膨大なので、この2人がコンビを組むというのは二乗、三乗のエネルギーになるということです。
で、このお2人が活動を始めたのが2014年の5月だそうですが、この2014年というのはお2人にとって【友(ゆう)】という運の年で、人脈拡大や積極的行動、フィールドを広げる、協力者などがキーワードでした。そして月の運勢が【親(しん)】、絆やコネクション、新しいことを始める、幸運日などがキーワードでした。
ね、スゴくないですか??!!
宿曜では物事を始める日、決定する日、契約する日が重要とされているんですが、お二人は成功への道を進むために運勢に上手に乗られました。
昨年は【壊(かい)】の年だったので、なかなかしんどかったかもしれませんが、ここで色々な意味で不要な物事、人間関係の整理などをしておくと次に繋がっていきます。
そして今年は【成(せい)】の年です。字のごとく成功の成です。でね、でね、みなさん思い出してください。金スマダンス企画で、キンタロー。さんに新しいパートナーが!!が放映されたのが7月。実際パートナーのオーディションがいつだったのかわかりませんが、この年の4月中旬から5月中旬にかけては2人は【壊】の月運なので、今までとは違う行動をされたのではないかと考えられます。どこかで拝見したんですが、このオーディションのことは岸さんはどなたかから情報をもらって受けたとのこと。この情報収集力も2人の強みなんです。そして5月の中旬以降は【親】の月運なので、努力が実る、脚光を浴びるというキーワードだったんです!!

うーーーーん、鑑定してて震えるわ!!

③へ続く